コインランドリー事業とは

市場調査

1.商圏を知る

出店予定地の地域の世帯や人口分布、競合店を調べ上げ、商圏の希望を分析します。

商圏の分析をすることにより、開業予定地近辺の収益シミュレーションが可能になります。

また、ライバル店がどこにあるのか、どのようなお店なのかを視察するなど他店との違いを明確に打ち出すためのツールとして利用することができます。

2.競合店の分析

同一商圏にある競合店舗について、どのような特徴があるのか、また、利便性や快適性などを分析し、自分の店舗との違いを明確にする。

顧客へのアピールをする為には、同業他社との明確な差別化が必要。市場調査のデータを基に競合店の特徴を分析し、開業予定の店舗との違いや、メリットを打ち出す。

競合店を分析すれば、より良い店舗づくりのヒントになります。

3.立地総合評価を知る

商圏の規模や、競合店舗を分析すれば、おのずと自分が開業する予定の地における総合評価を分析することが出来ます。

総合評価を基に店舗展開について詳しく考えることが可能です。

 

※市場調査を行うことで、立地についての総合的な評価を知ることが出来ます。この情報を基準にあらゆる計画を立案することが可能です。

※投資計画、稼働率の予測、営業計画、収益計画などがそれにあたり、成功へ導くために、どこまでも現実的な数値を弾き出し、他社には出来ない提案を専門業者より受ける必要があります。

収益シミュレーション

設備機器代は1500万円とし、7年リースとした場合の概算の月支払い料金。
建築工事、1次側設備工事費、土地、建物、人件費は含まない。
光熱費は、おもに洗濯機・乾燥機に使われる電気・ガス・水道代。売上が上がると洗濯機・乾燥機の回転率は上がり、それに伴い光熱費がかかる。

設備機器代は650万円とし、7年リースとした場合の概算の月払い料金。
建設工事、1次側設備工事費、土地、建物、人件費は含まない。
光熱費は、おもに洗濯機・乾燥機に使われる電気・ガス・水道代。売上が上がると洗濯機・乾燥機の回転率は上がり、それに伴い光熱費がかかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA